指揮者兼音楽監督の紹介

高橋 敦(Atsushi Takahashi)

1961 年生まれ。バイオリン奏者の父、声楽家の母の間に生まれるが、少年野球に没頭し、中学生まで野球部のキャプテンとして活躍。しかしモーリス・ジャンドロンに魅せられてチェロを習い始める。
チェロ奏者の叔父・高橋忠男の手ほどきを受けた後、馬場省一、堀江泰、千本博愛に師事し、1985 年に北西ドイツ音楽アカデミー( デトモルト) に留学。カリーヌ・ゲオルギアン、ダヴィット・ゲリンガス、ヴォルフガング・ベトヒャー各氏に師事する。
1988年のドイツ・シュレスビッヒ・ホルスタイン国際音楽祭オーケストラに合格し、セルジュ・チェリビダッケ、レナード・バーンスタイン指揮のもとヨーロッパ演奏旅行に参加する。その間に両巨匠に多大な影響を受け、チェリビダッケとの交流を機に指揮を始める。
1990 年の第一回パシフィックミュージックフェスティバルに参加。帰国後は1992 年にソロリサイタルの他、台湾の演奏家に招待され室内楽リサイタルを行うなどチェロ奏者として室内楽、オーケストラで活動する。またFM ラジオ番組のパーソナリティをつとめたり、さだまさしのコンサートツアーへの参加、TBS 系のドラマ「砂の器」のオーケストラ演奏シーンの指揮者、フルート奏者山形由美のイタリア・ヴェネツィアでのCD レコーディングにディレクター・指揮者( 演奏はヴェネツィア室内管弦楽団)として参加するなど多方面で活動している。その後も山形由美のCDのディレクターを担当している。また、25周年記念演奏会(2017年)でソリストとして招いた山田英津子のCDのディレクターとしても活動した。
1992年からアマチュアオーケストラ/ジャパンフレンドシップフィルハーモニックを主宰し音楽監督兼指揮者として活動する傍ら、東京海上フィルハーモニックオーケストラ音楽顧問兼指揮者など、日本各地のアマチュアオーケストラの指揮、指導にも力を入れている。さらに2017年10月放映予定のテレビ朝日帯ドラマ劇場「トットちゃん!」において帝都交響楽団常任指揮者・田之上晋一役として登場する傍ら、劇中音楽オーケストラ監修を担当している。