→TOP

 

練習トレーナー紹介

 


中川 鉄也 プロフィール

東京音楽大学,ドイツ国立フライブルク音楽大学卒業。
同時にドイツ国家演奏家資格取得,ドイツにて演奏活動をおこなう。
帰国後はフリーの演奏家として各地のオーケストラに客演するほか,ソロリサイタルの開催,多数の放送,録音などにも携わる。
管楽アンサンブル「The OVATION」を主宰するなど室内楽の分野での活発な演奏活動は特に高い評価を得ている。
学校吹奏楽や市民オーケストラの指導にも長年にわたり携わり,また銀座山野楽器講師として幅広い層へのレッスンもおこなっている。



伊波 睦 プロフィール 
 
兵庫県尼崎市出身。武蔵野音楽大学卒業、1981年日本フィルハーモニー交響楽団へ入団する。

同団においてはテナートロンボーン、バストロンボーン、テナーチューバ、バストランペットを担当。
2000
年より創造・参加型プログラムを企画・実践するプロジェクトメンバー。




水山 裕夫 プロフィール

ヴァイオリニスト(元東京都交響楽団)。
武蔵野音楽大学にて福元裕、F.リヒネフスキー各氏に師事。
1972
年東京都交響楽団に入団。都響の黎明期から現在まで長きにわたり主要メンバーとして在籍し、若杉弘、ジャン・フルネ、エリアフ・インバルなど、国内外で活躍する往年の名指揮者達の薫陶を受ける。その傍ら、「東京メトロポリタン・アンサンブル」「東京メロス室内管弦楽団」などのアンサンブルでも活躍。
近年は「狭山室内アンサンブル」「アマデス室内管弦楽団」の指導者兼コンサートマスター、「小江戸川越第九の会」コンサートマスター、「川越フィルハーモニー管弦楽団」等の弦楽器トレーナーなど、アマチュア・オーケストラの指導・育成にも意欲的に取り組んでおり、さらに「狭山室内アンサンブル」ではビバルディ「四季」を始めとするバロックのコンチェルトのソリスト、「アマデス室内管弦楽団」ではモーツァルトの「協奏交響曲」「ヴァイオリン協奏曲」さらには日本では演奏される機会の少ない「ヴァイオリンとピアノの為の協奏曲」のソリストとしても共演し、いずれも好評を博している。