第139回定期演奏会 チェロ独奏 : 堀内詩織


堀内詩織

東京都出身。7歳よりチェロを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、2008年、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。
同高校、同大学共に卒業演奏会に出演。

2006年、第7回ビバホールチェロコンクール第4位入賞。
2002年、いしかわミュージックアカデミーにてIMA音楽賞を受賞し、翌年夏奨学金を得て、アメリカ・コロラド州にて開催されたアスペン音楽祭に参加し、Y・ハナーニ氏のマスタークラスを受講。
これまでに、「プロジェクトQ」第3章、第4章、京都国際フェスティバル、神戸チェロコングレス、サントリーホールレインボー21コンサート、宮崎国際音楽祭、JTアートホール室内楽シリーズ、桐朋学園音楽部門同窓会主催のチェロ・グランド・コンサート等に出演。
2005年7月、弦楽グループ"ひととき"とハイドンのチェロ協奏曲第2番、2008年7月にラスベート交響楽団とドヴォルザークのチェロ協奏曲を共演。
近年、室内楽にも積極的に取り組み、レガーメ・カルテットを結成し、2009年1月にはJTアートホールでのデビューコンサートも予定されている。

チェロを毛利伯郎、岩崎洸の各氏に、室内楽を毛利伯郎、原田幸一郎、徳永二男、東京クヮルテット等の各氏に師事。
現在、桐朋オーケストラアカデミー研修課程に在籍。
また、チェリステン桐、東京チェロアンサンブルのメンバーとしても、活動の場を広げている。