東工大オケとは?

東京工業大学管弦楽団は、大正14年(1925年)に設立された全国でも有数の歴史を誇るオーケストラです。昭和26年に、現在のNHK交響楽団の創始者の一人である故・尾原勝吉氏を常任指揮者に迎え、その一貫した指導の下に成長しました。昭和51年(1976年)に尾原氏が健康上の理由で当団を退かれ、末永隆一氏にバトンが受け継がれました。 現在では東工大の学部学生を中心としながら、多くの他大学の学生も含めたフルオーケストラとして、年2回の定期演奏会を軸に活発な活動を行なっています。

主な活動

4月 式典演奏(入学式) 10月 工大祭
5月 春合宿
すずかけ祭
春期定期演奏会
12月 冬期定期演奏会
8月 夏合宿
サマーコンサート
3月 木管演奏会
弦楽アンサンブル演奏会
式典演奏(卒業式)
9月 金管演奏会

*年間スケジュールには多少の変動があります。

部室

東京工業大学大岡山キャンパス
音楽サークル棟2階(新附属図書館横)

学生執行

団長浪井 啓吾 (Vn.)
副団長井分 彩乃 (Vn.)
酒井 康平 (Fl.)
コンサートミストレス小野寺 悠 (Vn.)
木管セクションリーダー神内 拓真 (Cl.)
金管セクションリーダー宋 叡陽 (Tb.)
弦セクションリーダー髙橋 慶悟 (Vn.)

顧問・トレーナー

顧問教官鞠谷雄士
常任指揮者末永隆一
弦トレーナー野崎知之
飯田隆
瀬堀玲実
金管トレーナー山田裕治
木管トレーナー鈴木生子
南方総子