PROFILE

指 揮

大井 剛史(おおい たけし)

指揮 大井剛史

1974年生まれ。17歳より指揮法を松尾葉子氏に師事。東京藝術大学指揮科を卒業後、99年同大学院指揮専攻修了。若杉弘、岩城宏之の各氏に指導を受け る。96年安宅賞受賞。スイス、イタリア各地の夏期講習会においてレヴァイン、マズア、ジェルメッティ、カラプチェフスキーの各氏に指導を受ける。2000年~2001年、仙台フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。2007年~2009年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第2位入賞。2009〜16年ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉 (現・千葉交響楽団) 常任指揮者、2009〜13年山形交響楽団指揮者、2013〜17年同正指揮者を歴任。現在、東京佼成ウインドオーケストラ正指揮者。このほかほとんどの国内主要オーケストラを指揮し、多彩なレパートリーとその誠実な指揮でいずれも高い評価を得ている。
オペラの分野では、在学中より新国立劇場、東京二期会などのオペラ公演で副指揮者を務め、2002年「ペレアスとメリザンド」(ドビュッシー)を指揮しデビュー、以降多くのオペラ作品を指揮するほか、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」 (バーンスタイン)も指揮。バレエの分野では「ロメオとジュリエット」(プロコフィエフ)などで新国立劇場バレエ団の公演を度々指揮、国内を代表するバレエ団やダンサーが一堂に会した「NHK バレエの饗宴」でも指揮を務めた。さらに、小松原庸子スペイン舞踊団や、野村萬斎、花柳壽輔、井上八千代といった日本舞踊界の名手たちと共演するなど、幅広い舞台芸術分野で活躍している。
東京藝術大学音楽学部器楽科非常勤講師 (吹奏楽)。尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授。


[2020年3月]

ソプラノ

盛田 麻央(もりた まお)

ソプラノ 盛田麻央

国立音楽大学卒業、同大学院修了。二期会オペラ研修所修了時に優秀賞及び奨励賞受賞。パリ・エコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院修士課程を最優秀の成績で修了。第17回日仏声楽コンクール第1位及び竹村賞、第12回東京音楽コンクール第2位、第8回エレーナ・オブラスツォヴァ国際ヤングオペラコンクール第3位。 パリ国立音楽院『魔笛』侍女Ⅰで出演。国内では、二期会創立60周年記念『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、同『フィガロの結婚』バルバリーナ、日生劇場『ルサルカ』『魔笛』、小澤征爾音楽塾『子どもと魔法』、調布市民オペラ『椿姫』ヴィオレッタ、首都オペラ『トゥーランドット』リュー、成人の日コンサート『カルメン』ミカエラ、T.フィッシャー指揮『真夏の夜の夢』等数多く出演し、いずれも好評を博す。コンサートにおいても全国各地の主要オーケストラと共演を重ねており、ベートーヴェン「第九」をはじめ、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、ハイドン「天地創造」、ブラームス「ドイツ・レクイエム」、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」等のソリストとして出演。18年「NHKニューイヤーオペラコンサート」に出演するなど、今後ますますの活躍が期待されている。20年11月二期会『メリー・ウィドー』ヴァランシェンヌで出演予定。二期会会員


[2020年3月]

アルト

加納 悦子(かのう えつこ)

アルト 加納悦子

東京藝術大学大学院修了後、ドイツ国立ケルン音楽大学で研鑽を積む。ケルン市立歌劇場と専属契約し、J.コンロン等の指揮で『フィガロの結婚』ケルビーノ、『蝶々夫人』スズキ等40以上の演目に出演。ドイツ/シュトゥットゥガルト州立歌劇場、オランダ/ゲルギエフ・フェスティヴァル等、欧州各地の歌劇場で活躍し、数多くの演目に出演。国内でも、二期会及びびわ湖ホール『トリスタンとイゾルデ』ブランゲーネ、新国立劇場『ホフマン物語』ニクラウス/ミューズの他、新国立劇場及びびわ湖ホール・神奈川県民ホール『ばらの騎士』等で高評を得ている。2020年新国立劇場『セビリアの理髪師』に出演。コンサートにおいても、ルビアナ放送響とのマーラ-「千人の交響曲」、ミラノ放送響とのモーツァルト「レクイエム」などのアルトソロ、ベートーヴェン「第九」、マーラー「大地の歌」等傑出した演奏を披露する他、ドイツ歌曲にも定評があり、ベルク、シェーンべルクを中心としたプログラムのリサイタルは、NHKでも度々放送されている。

CD《メアリ・スチュアート女王の詩/シューマン 後期歌曲集》は、レコード・アカデミー賞部門賞を受賞。

令和元年度(第70回)芸術選奨文部科学大臣賞(音楽部門)受賞。二期会会員


[2020年3月]

合 唱

日本フィルハーモニー協会合唱団

合唱団 日本フィルハーモニー協会合唱団

合唱活動を通じて、日本フィルハーモニー交響楽団と協同し、市民によるオーケストラ活動を推進することを目的として1973年に創立された。本年で47年目を迎える。メンバーは音楽と歌をこよなく愛する様々な年齢や職業の日本フィル協会員によって構成され、日本フィル創立指揮者である故渡邉曉雄氏や小林研一郎氏などの指揮者の下で数多くの演奏会に出演している。これまでに、ブラームス、フォーレ、ヴェルディなどの「レクイエム」に出演。また近年では2018年にモーツァルト「レクイエム」(梅田俊明指揮)、2019年には日本フィル桂冠指揮者兼芸術顧問のアレクサンドル・ラザレフ氏の指揮でマスカーニ「歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》全曲」に出演して好評を博した。また同年ジョン・ラター「マニフィカト」(広上淳一指揮)も演奏し、表現の幅を広げてきている。年末に行なわれる日本フィル第9演奏会には、創団以来毎年出演している。現在、浅井隆仁、高橋淳、山口浩史が合唱指導を行なっている。

オフィシャル・ホームページ:http://jpac.jp/


[2020年3月]

戻るボタン