音楽監督紹介

小野 照三(おの しょうぞう)先生
(ブリヂストン吹奏楽団久留米 名誉指揮者)

福津市出身。福岡電波高校(現福工大附属城東高校)在学中に吹奏楽部創部に携り、
トランペットと指揮の勉強を始める。卒業後上京し、故斎藤秀雄氏に薫胸を受け、
汐澤安彦、小林研一郎、堤俊作の各氏に指揮法、名取吾郎氏に楽曲アナリーゼ等の指導を受ける。
ブリヂストン吹奏楽団久留米では、コーチ、常任指揮者・音楽監督として35年にわたり関わり
「全日本吹奏楽コンクール」で28回金賞に導いた。現在では名誉指揮者の地位にある。
また、2013年4月からは近畿大学産業理工学部(飯塚市)吹奏楽団の常任指揮者に就任した。
当吹奏楽団には2005年「創立30周年記念演奏会」の客演指揮を機に、音楽顧問にご就任いただいた。
2015年より音楽監督として、熱く厳しく温かいご指導をいただいている。

音楽顧問紹介

木村次宏(きむら つぎひろ)先生

広島大学大学院教育学研究科博士課程前期修了、後期中途退学

14歳よりチェロを平田公子、池本成博、小笠原洋三の各氏に師事、
中学校・高等学校時代には吹奏楽部でトランペットやホルンも経験、
大学時代には早川正昭氏(新ヴィヴァルディ合奏団指揮者)の指導のもと
広島大学交響楽団の学生指揮者として研鑽を積む。

現在、福岡教育大学(音楽教育講座)教授。日本音楽教育学会会員。
学校音楽教育研究に関して、福岡のみならず全国的なレベルで、
指導的立場の一人として活躍。財団法人福津市文化振興財団理事も務められた。
紳士で気さくなお人柄。いつも丁寧なご指導ぶりに団員の信頼も厚い。
当吹奏楽団には、2003年に音楽監督にご就任。
2015年から音楽顧問としてご指導をいただいている。
福津市在住。

Page Top