音楽監督

 椙山 由美子 <すぎやま ゆみこ>

 千葉大学教育学部音楽科卒業、1986年第8回ウィーン夏期学習会(毎日新聞社主催)のオーディションに合格し、ウィーンアカデミアにてN.フローレンス教授に師事、ディプロマ取得。ピアノを竹中碩子、野呂愛子、萩原和子、A.イェンナー、下村康夫諸氏に師事。歌を森田百合子、秋山衛(伴奏法)諸氏に師事。
 ベートーヴェン・ピアノコンチェルト第5番「皇帝」、モーツァルト・ピアノコンチェルト第20番のピアノソロを三戸知章指揮・千葉市管弦楽団にて演奏。ピアノリサイタル、ジョイントコンサート等、飯村孝夫、山口和子氏等の伴奏。数多くの演奏会に出演。県立千葉高等学校音楽部の顧問(指揮者)として、8年間全国大会(合唱・オーケストラ)に出場。
 現在、私立成田高等学校音楽部部長(オーケストラ3年目)、全国高等学校オーケストラ連盟理事長(全国高等学校選抜オーケストラ・ウィーン公演、オーストリア・日本親善委員)。一般団体、合唱団「ちゃちゃ」指揮者、「ボン・エコー」(合唱)指揮者。


常任指揮者

 若宮 裕 <わかみや ゆたか>

 東京大学経済学部卒。指揮法を高階正光氏、黒岩英臣氏、今村能氏に、声楽を林誠氏に師事。現在、ノイフィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、新座交響楽団指揮者、ニューシティオーケストラ指揮者を務める等、数々のオーケストラにて活動を行っている。
 学生のころ、東京大学法学部緑会合唱団の指揮者を務めた。1990〜92年、自ら創立した西混声合唱団を率いて、東京都民合唱コンクールで3年連続入賞を果たす。
 1998年、プロオーケストラ「アーク室内管弦楽団」を指揮してオーケストラ分野での活動を開始した。1998〜2002年、上記緑会合唱団の客演指揮者、コーラストレーナーを務め、この間東京大学音楽部管弦楽団とも共演する。また、2002年より3年連続して、千葉県立千葉高等学校オーケストラ部の定期演奏会においてメインステージを指揮した。
 2003年、ノイフィルハーモニー管弦楽団の創立とともに常任指揮者に就任し、以降、継続して同楽団を指導しつつすべての定期演奏会を指揮している。
 2012年、新座交響楽団指揮者に就任し、定期演奏会および新座市文化祭等でも活躍中。2014年、混声合唱団S.P.P.第20回記念定期演奏会にて客演指揮者を務めた。2016年、ほりほりオーケストラ定期演奏会の指揮者を務め、また、チェコ大使館で行われた在日チェコ商工会議所主催イベントにてチェコBCN管弦楽団を指揮した。