当団について

当団概要
団名 ノイフィルハーモニー管弦楽団
設立 2003年
主な活動場所 千葉県
団長 奥野 洋平
指揮者 音楽監督 椙山 由美子
常任指揮者 若宮 裕
主な年間活動 定期演奏会(年1回)
アンサンブル演奏会(年1~2回)
夏合宿
練習(全体合奏、セクション練習、パート練習)
その他 ボランティア演奏、依頼演奏 etc...

これまでのあゆみ

私たちノイフィルは2003年設立のアマチュアオーケストラです。
2003年、音楽監督である椙山由美子氏(元・成田高校教諭)の呼びかけの下、
椙山氏の教え子であった県立千葉高校オーケストラ部の卒業生とその楽友を中心に結成されました。

同年春、十数人のメンバーで活動をスタート。
そして12月、「オーケストラフェスタ in NARITA」にて記念すべき初舞台を踏みました。

翌年04年9月には千葉市民会館大ホールにて、念願の自主公演である「第1回定期演奏会」を開催。
知名度も無いの最初の演奏会にも関わらず、500人を上回る多くのお客様にご来場頂き、
団員一同大きな喜びを味わうことができました。

それ以降は 年1回の定期演奏会を活動の軸とし、年間を通じて練習を行っています。
また小編成でのアンサンブル演奏会やボランティア演奏など、幅広い活動を行なっています。

指導者には設立時より音楽監督に椙山由美子氏を、常任指揮者には若宮裕氏を迎え、
2人の指揮者のもとノイフィルの音楽を作っています。

現在は大学生から30代の若いメンバーで活動を行なっています。

基本理念


「信頼できる仲間と大好きな音楽を」

「常に新しい音楽と感動を作っていく」

「現状に満足するのではなく、いつも良いものを求めて挑戦していく」

「信頼できる仲間と大好きな音楽を」

ノイフィルは設立以来
「信頼できる仲間と大好きな音楽を」
というコンセプトのもと、仲間を増やし、活動してきました。

ノイフィルでは一番大切なものは「人」だと考えています。
そのため「誰と一緒に音楽をするか」ということを大事にしています。

現在は設立の中核となった千葉高の卒業生に限らず、
幅広い出身を持つ「信頼できる仲間」が集まっています。

「ノイ」という団名について

「ノイフィルハーモニー管弦楽団」の「ノイ(NEU)」とはドイツ語で「新しい」という意味です。
英語の「NEW」にあたる言葉です。

この「ノイ」という団名には
 「常に新しい音楽と感動を作っていこう!」
 「現状に満足するのではなく、いつも良いものを求めて挑戦していこう!」
という団員の決意と目標が込められています。

練習ではより高い音楽性を追求できるように。
団の運営ではよりメンバーが充実した活動をできるように。
演奏会では自分達にとってもお客様にとってもより感動できるものになるように。

これからもノイフィルは常に挑戦していくオーケストラとして活動していきます。