常任指揮者:高畠 浩 / TAKABATAKE Hiroshi (ヴァイオリニスト、指揮者)

高畠浩 東京藝術大学附属高校を経て、東京藝術大学卒業。ヴァイオリンを高畠亘、兎束龍夫、海野義雄、田中千香士、アーロン・ローザンド、ジャン・ローランの各氏に、 指揮を佐藤功太郎氏に、室内楽をルイ・グレラー氏に師事。ハンガリーにおけるバルトークセミナーにて研修、アンドレ・ゲルトラー氏に師事。 1986年より定期的にリサイタルを行っているほか、多数のソロ演奏、協奏曲の共演、レコード録音、放送録音など幅広く活動。 1991~1992年には青島広志氏のNHK「ゆかいなコンサート」にソリストとして出演。 また1998年に㈱アスキーから出版された『マルチメディア音楽図鑑』では制作協力、出演をしている。 さらに作曲家青島広志による連作曲集『ヴァイオリンのための無言歌』の創作協力および初演を順次手掛けている。 2000年夏には所属していた東京ヴィヴァルディ合奏団で録音を行ったヴィヴァルディの「四季」で夏のソロを担当。「4曲の中でもっとも印象に残った」(レコード芸術評)と好評を得た。
室内楽においては、1985年アンサンブル・トリムを結成。管楽器と弦楽器による新しい室内楽のレパートリーの開拓、 編曲など精力的な活動を行い多数のコンサートを行うほか、チャリティーコンサート等も行っている。 さらに1996年、アンサンブル・トリムの弦楽器奏者によるソノーレ・クワルテットを結成。弦楽四重奏の分野でも積極的な活動を行っている。
指揮者としてもこれまでに新宿交響楽団、市川交響楽団、中央交響楽団、アンサンブル・チェチーリア、つくば学園都市オーケストラ、ムジカ・ド・モルト、 杉並バロックアンサンブル、聖徳大学付属中・高等学校管弦楽部、他多くのオーケストラを指導、 そのレパートリーは管弦楽曲、宗教曲、合唱曲、歌劇、古典から現代まで多岐にわたる。またオペラ公演も多数手掛けており、 これまでに「ジャンニ・スキッキ」「ポッペアの戴冠」「魔笛」「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョバンニ」などを上演、いずれも好評を博した。
2019年6月には「ブルーアイランド版魔笛」の公演を指揮する。また、2018年青島広志作曲「ヴァイオリンソナタ」の出版に際し、ヴァイオリン・パート譜の校訂を担当、今後も順次青島氏の作品の楽譜校訂を担当する。
2019年3月まで東京藝術大学管弦楽研究部に在籍。 現在、テオフィルス室内管弦楽団、JYDコレギウム・ムジクム常任指揮者、武蔵大学管弦楽団指揮者。