新宿交響楽団は、東京都内で活動している社会人オーケストラです。

指導者・共演者ご紹介

トレーナー

村田厚生(トロンボーン)

2010/07/11の第39回演奏会にて、 武満徹/ファンタズマ/カントスⅡにてソリストとして共演いただきました!
桐朋学園大学音楽学部卒業。ドイツ学術交流会(DAAD)給費留学生としてベルリン芸術大学卒業。 独ダルムシュタット国際現代音楽講習会、サントリー音楽財団サマーフェスティバル、 ISCM2001横浜大会、アジア音楽祭、ソウルPANミュージックフェスティバル、香港Musicaramaフェスティバル、 文化庁舞台芸術国際フェスティバルなど主要な現代音楽祭に出演。
ソリストとして新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と邦人作品を初演。 シリーズ・リサイタル「トロンボーンの新事実」、「コンテンポラリー・デュオ」や ネット上でのレクチャーで新しいレパートリー開発に貢献している。
ブラス・エクストリーム・トウキョウ、室内楽団アール・レスピラン、東京トランペットコアーに所属。
日本トロンボーン協会常任理事。http://www.sonata.jp/

佛坂咲千生(トランペット)

1956年佐賀県生まれ。武蔵野音楽大学卒業。
トランペットを故・小林高彦、戸部豊、福井功、アラン・カークスの各氏に師事。 大学4年時に東京佼成ウインドオーケストラ入団。 1979年パリ開催のモーリス・アンドレ国際コンクール、ブラスアンサンブル部門3位入選。 同年、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。
1982年ドイツ、ミュンヘン留学。元バイエルン放送交響楽団首席トランペット奏者チャンドラー・ゲッティング氏に師事。 同オーケストラにエキストラとして出演、帰国後日本フィルに復帰。 1989年~2016年NHK交響楽団在籍。
ザ・トランペットコンサート、J'z Craze(ジェイズ クレイズ)、 佐賀ブラス・クインテットメンバー。 武蔵野音楽大学非常勤講師。洗足学園音楽大学教授。

大成雅志(クラリネット)

1973年大阪府大阪市出身。京都市立堀川高等学校音楽科を卒業し、東京藝術大学音楽学部器楽科在学中、 カール・ライスター氏(ベルリンフィル元首席)の国際マスタークラス受講オーディションに最年少で合格。 翌年、1年間休学しベルリンを中心にドイツ各地を歩き見聞を広げる。
第68回日本音楽コンクール(NHK、毎日新聞社主催)クラリネット部門入選。
現在までオーケストラ、室内楽、ソロ、スタジオ分野で活動している。 また、水戸室内管弦楽団、小澤征爾音楽塾、宮崎国際音楽祭、JTアートホール室内楽シリーズにも参加。 クラリネットを海川雅富、内山洋、村井祐児、三界秀実、鈴木豊人、ヴェンツェル・フックス の各氏に、室内楽を山本正治氏に師事。

本山耀佑(コントラバス)

12歳よりコントラバスを始め、東京藝術大学にて永島義男、山本修の各氏に師事。卒業時に同声会賞を受賞。
同大学院音楽研究科在籍中に東京都交響楽団に入団。
池松宏、吉田秀の各氏のもとで研鑽を積み、ティーチングアシスタントを勤める。
第9回千葉県管弦打楽器コンペティション高校の部弦楽器部門第1位。 第10回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第4位。宮崎国際音楽祭などに参加すると共に室内楽、ソロの分野でも活動を広げている。


高島彩(ファゴット)

2015/06/07開催の第49回演奏会にて、ウェーバー/ファゴット協奏曲にて競演いただきました。
16歳よりファゴットを始める。
ファゴットを前田正志・河村幹子・霧生吉秀・水谷上総・井上俊次・水間博明の各氏に、室内楽を中野真理・故 内山洋の各氏に師事。
2011年東京音楽大学学内オーディション合格者によるソロ・室内楽定期演奏会に木管6重奏(ヤナーチェク/「青春」)で合格、出演。 2012年東京音楽大学シンフォニーオーケストラヨーロッパ演奏旅行に参加。
2012年東京音楽大学卒業、2014年東京音楽大学大学院修了。
現在、フリーランス奏者として、オーケストラ・室内楽・オペラや、ファゴット・ピアノ指導など幅広く活動中。2016年度より尚美学園大学オーケストラ演奏員。Tokyo Ensemnable Factory、D.D.D presents OURHOUSE各メンバー。

木全利行(ヴァイオリン)

NHK交響楽団ヴァイオリン奏者。
神奈川県出身。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)および桐朋学園大学に学ぶ。
1971年全日本学生音楽コンクール小学生の部東日本大会第3位。1979年11月1日N響入団。 1986年民音室内楽コンクールで齋藤秀雄賞受賞。フィンランド・ヤルヴェンパーで開催されたシベリウス・ウィーク(1996)にソリストとして出演するなど、室内楽奏者、ソリストとしても活躍。
師に、徳永茂、徳永二男各氏。

池松隆(チェロ/サブトレーナー)

1996年生まれ。2006年から2013年までニュージーランド在住。 13歳よりチェロを始め、ニュージーランドシンフォニーオーケストラ団員のロバート・アイベル氏に師事。
2014年日本に帰国し、上野学園高等学校音楽科にて原田禎夫、奥泉貴圭の各氏に師事。
現在東京藝術大学在学中、山本裕康氏に師事、室内楽を松原勝也、林俊昭の各氏に師事。趣味は手品。

これまでに共演した指揮者・ソリスト

プロフィールは原則として共演時点のものです。

高畠浩(指揮)

第1回~第50回演奏会、常任指揮者。 2008/12/06開催の第36回演奏会では、ブラームスのヴァイオリン協奏曲のソリストとして競演いただきました!
東京藝術大学附属高校を経て、東京藝術大学卒業。 ヴァイオリンを高畠亘、兎束龍夫、海野義雄、田中千香士、アーロン・ローザンド、ジャン・ローランの各氏に、 指揮を佐藤功太郎氏に、室内楽をルイ・グレラー氏に師事。 ハンガリーにおけるバルトークセミナーにて研修、アンドレ・ゲルトラー氏に師事。
1986年より定期的にリサイタルを行っている他、多数のソロ演奏、協奏曲の競演、レコード録音、放送録音など幅広く活動。 1991~1992年には青島広志氏の NHK“ゆかいなコンサート”にソリストとして出演。 また1998年に株式会社アスキーから出版された「マルチメディア音楽図鑑」では製作協力、出演をしている。 さらに作曲家青島広志氏による連作曲集「ヴァイオリンのための無言歌」の創作協力および初演を順次手掛けている。 2000年夏には所属していた東京ヴィヴァルディ合奏団で録音を行ったヴィヴァルディの「四季」で夏のソロを担当。 「4曲の中でもっとも印象に残った」(レコード芸術評)と好評を得た。
室内楽においては、1985年アンサンブル・トリムを結成。 管楽器と弦楽器による新しい室内楽のレパートリーの開拓、 編曲など精力的な活動を行い多数のコンサートを行う他、チャリティーコンサートなども行っている。 さらに1996年アンサンブル・トリムの弦楽器奏者によるソノーレ・クワルテットを結成。弦楽四重奏の分野でも積極的な活動を行っている。
指揮者としても、これまでに市川交響楽団、つくば学園都市オーケストラ、ムジカ・ド・モルト、聖徳大学付属中・高等学校管弦楽部他、 多くのオーケストラを指導。 またオペラも多数手掛けており、「ポッペアの戴冠」「魔笛」「フィガロの結婚」 「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョバンニ」などいずれも好評を博した。
現在、東京藝術大学管弦楽研究部講師、テオフィルス室内管弦楽団、新宿交響楽団、JYD記念オーケストラ&合唱団指揮者、 アンサンブル・チェチーリア音楽監督。

茂木亜希子(司会)

2015/12/20開催の第50回記念定期演奏会にて、第2部「お客様リクエストによるクラシック版ザ・ベストテン!」の司会として共演いただきました。
2017/12/10開催の第54回定期演奏会にて、音楽ものがたり「くるみ割り人形」の朗読をしていただきました。

埼玉県出身。伊奈学園総合高校卒業。 幼少よりピアノ、合唱、高校時代より吹奏楽部でコントラバス・チェロを始める。
武蔵野女子大学入学後、武蔵野市民交響楽団に入団。 定期演奏会のほか、ルーマニア公演などに参加。
卒業後、NHK長野放送局、テレビユー福島のアナウンサーに。 現在はフリーとして、司会・ナレーションを担当
web ・雑誌等で絵本を紹介する傍ら、おはなし作家としても活動する。
こどもアナウンス発声協会代表。著書に「こどものためのアナウンスブック」などがある。

久保田昌一(指揮)

2015/06/07開催の第49回演奏会にて、当団の客演指揮者として共演いただきました。
2011年、応募者数225名40カ国の中、第1回シカゴ交響楽団 ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクールにて優勝。同響音楽監督リッカルド・ムーティのもとシカゴ響指揮研修員をつとめる。
これまでにミルウォーキー交響楽団、シカゴ・シビック・オーケストラ、東京・春・音楽祭などに出演。オペラ分野ではムーティのもと「オテロ」「シモン・ボッカネグラ」「ナブッコ」を学び、2013-14年シーズンにはシカゴ響でムーティ指揮「マクベス」公演の舞台裏アンサンブル指揮者をつとめる。 2005年、ジュリアード音楽院で指揮修士課程、2007年にはマネス音楽院で指揮専門学位を修了。夏期にはキジアーナ音楽院、アスペン音楽祭(アメリカ)に参加。2008年、文化庁新進芸術家海外留学制度研修員となる。 ニューヨークでは2010年から4年間、約100年の歴史を誇る92Yスクール・オブ・ミュージック・オーケストラの指揮者、東京では2011年からオーケストラーダの音楽監督をつとめる。2015年夏季はPMF音楽祭にアシスタント・コンダクターとして参加予定。

平野桂子(指揮)

2013/12/1開催の第46回演奏会にて、当団の客演指揮者として共演いただきました。
洗足学園音楽大学器楽専攻科卒業、オーボエを小林裕・安原理喜・伊東万紀、 同大学附属指揮研究所にて秋山和慶・増井信貴・川本統脩、スコアリーディングを島田玲子・西川麻里子の各氏に師事。
これまでに、「魔笛」「カルメン」「愛の妙薬」「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」「こうもり」「ヘンゼルとグレーテル」他を指揮、 その他数々のオペラ・ミュージカル団体において「蝶々夫人」「オテッロ」「アイーダ」「ルイーザ・ミラー」「椿姫」 「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」「ランメルモールのルチア」「十字軍のロンバルディア人」「ジョコンダ」 「ノルマ」「ドン・ジョヴァンニ」「泥棒とオールドミス」「赤鬼と青鬼」「河童譚」「御柱(長野県岡谷市共催)」等の指揮アシスタントを務める。
また本年4月には東京芸術劇場にてミュージカル「ペテン師と詐欺師」を指揮、 8月には岩手県久慈市にて久慈市文化会館初オペラ公演「ドン・パスクァーレ」をNHK交響楽団メンバー他と共演、好評を博す。 本年より文化庁「次世代を担う子どもの文化芸術体験事業」に参加。
現在、文京区民オペラ副指揮者、金沢区民フィルハーモニーオーケストラ常任指揮者、恵泉女学園中学・高等学校非常勤講師。

児嶋一江(ピアノ)

2012/06/10開催の第43回演奏会にて、ブラームス/ピアノ協奏曲第1番にて競演いただきました。
京都市立堀川高等学校音楽科卒業。東京藝術大学・同大学院を経て、国際ロータリー財団奨学生として国立ミュンヘン音楽大学留学、 同マスターコース修了。金澤孝次郎、井口秋子、島崎清、小林仁、クラウス・シルデの各氏に師事。
日本音楽コンクール・ジュネーブ国際音楽コンクール入賞。全ドイツ音楽コンクール優勝。海外派遣コンクール河合賞受賞。 読売日本交響楽団、 京都市交響楽団などと協演。
またK.ズスケ、R.オレグ、小栗まち絵(Vn)、C.ヘンケル、W.ベッチャー(Vc)、H.P.シュー(Tp)、 R.ヴラトコヴィッチ(Hr)等、 著名なソリストとの共演では、共演者から圧倒的な音楽的信頼を寄せられている。
放送出演、レコーディング等も多く、ソロ・アンサンブルで幅広い活躍を続けている。相愛大学音楽学部教授。

長田雅人(指揮)

2008/12/06開催の第36回演奏会にて、当団初の客演指揮者として共演いただきました。
1962年山梨県甲府市生まれ。 東京音楽大学を経て、桐朋学園大学において指揮を学ぶ。
指揮法を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、紙谷一衛、オラフ・コッホの各氏に、 ピアノを森田桂子、佐瀬道子、霧生雅江、音楽理論を有馬礼子、ファゴットを霧生吉秀、菅原眸の各氏に師事。
在学中より東京室内歌劇場、NHK制作テレビオペラ、JMJ等において副指揮者として研鑚を積み、 ボリショイ歌劇場日本公演、ウィーン国立歌劇場日本公演の日本側スタッフとしても参加した。 1990年よりウィーンに留学。ミュルツツーシュラーク(オーストリア)において開かれたマスタークラス『20世紀の音楽』に参加。 R・シューマッヒャー氏に師事し、ミュルツタラーカンマーアンサンブルを指揮。 ウィーンで開かれたマスターコースにおいてはK・エスタライヒャー教授に師事した。
1991年帰国以来、青少年音楽祭JMJマンドリンオーケストラ、東京室内歌劇場、仙台フィルハーモニー、 札幌交響楽団を指揮。東京室内歌劇場においては、これまでに若杉弘氏のアシスタントを務めた他、「魔笛」、「ロング・クリスマス・ディナー」等の公演を指揮。 また、なかにし礼氏による脚本、演出、三木稔氏作曲、オペラ「ワカヒメ」、「静と義経」の世界初演の副指揮者を務める。 1994年3月、フランスのドゥーエ市において開かれた「第8回若い音楽家のための国際コンクール・指揮部門(審査委員長/ジョルジュ・プレートル氏)」において入賞。
これまで札幌交響楽団、仙台フィルハーモニーをはじめ、熊本交響楽団、KTS(鹿児島テレビ)室内オーケストラ等、各地のオーケストラを指揮。

郷家暁子(メゾソプラノ)

2006/06/11開催の第31回演奏会にて、ビゼー/カルメン抜粋にて競演いただきました。
東京藝術大学、同大学大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。
学部卒業時に同声会賞、アカンサス音楽 賞受賞、平成16年同声会新人演奏会に出演。 第53回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位入賞。
第51回藝大オペラ定期公演「皇帝ティートの慈悲」セスト、「メサイア」アルトソロ等宗教曲やオペラに多数出演。
声楽を常磐容子、三矢直生、平野忠彦、アントン・トレムメル、マリ・アンネ・シャルトナー、寺谷千枝子、ソルフェージュを茂木眞理子の各氏に師事。

野口彰子(ピアノ)

2003/12/14開催の第26回演奏会にて、ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番にて競演いただきました。
山口県出身。3才よりピアノを始める。 山口県内の学生音楽コンクールにて、金賞・最優秀賞など受賞。 第46回全日本学生音楽コンクール福岡大会小学校の部第2位入賞。 第21,22回霧島国際音楽祭に参加。練木繁夫氏に師事。
1999年、2002年に山口県岩国市において室内楽コンサートを開催。 2003年3月「Quodlibet(クオドリベト)」結成。 ”演奏者と聴衆が一緒に楽しめるステージを”をモットーに、各地で活動を展開中。
東京芸術大学附属音楽高等学校卒業ののち、同大学音楽学部器楽科在学中。 これまでに、野村定子、木村澄子、西村順子の各女史に師事。 現在、植田克己氏に師事。

↑ PAGE TOP